煙草は肌に悪影響

煙草が与える肌への影響

 

たばこ

 

煙草を吸い続けていると、肌のハリがなくなり、しわやしみが増えてしまうという話を聞いたことはありますか?

 

実際に、煙草を吸っている人は肌以外に歯や口臭にも影響が出てしまうことが多く、実年齢よりも老けて見られがちです。
では、煙草を吸うことで、肌にどのような影響が出てしまうのでしょうか?

 

まず、煙草を吸うことで全身の血流が悪くなります。
煙草に含まれているニコチンは、毛細血管を収縮させる働きがあり、皮膚に十分な栄養が行き渡らなくなってしまいます。

 

すると、健康的な肌を維持するために必要な栄養が不足しがちになり、肌のハリがなくなるだけでなく、しみやしわもできやすくなってしまうのです。
肌の潤いも失われてしまうので、煙草を吸い始めてから乾燥肌に悩んでいる人も多いでしょう。

 

また、ニコチンは美肌を作るために役立つ成分「ビタミンC」を大量に破壊すると言われています。
煙草を1本吸うことで、レモン1個分のビタミンCが破壊されています。

 

ビタミンCは、メラニン色素に大きく関係しており、紫外線を浴びてもしみを作らないように役立ってくれています。
しみ予防に効果的な成分であるビタミンCが破壊されてしまうことで、紫外線によるしみが増えてしまうでしょう。

 

 

副流煙も同じ

 

肌を綺麗に保つために、自分は煙草を吸わないようにしようと思っている女性は多いでしょう。

 

しかし、肌に悪影響を与えるニコチンは、煙草の煙に含まれている成分です。
副流煙を吸い込んでしまった場合にも、喫煙者と同じように肌への影響が出てしまう恐れがあります。

 

周囲に煙草を吸っている人が多い場合には、できるだけ副流煙を吸い込まないように気を付けましょう。

 

喫煙をしている本人は、副流煙にはそれほど害がないと思っていることが多いです。

 

しかし、実際には主流煙よりも副流煙のほうが人体に害を及ぼすことが多いと言われており、ニコチンやタールの含有量も多いです。
血流を悪くするニコチンは主流煙に比べて2.8倍の量が含まれていますし、発がん物質と言われているタールは3.4倍の量が含まれています。

 

喫煙者よりも受動喫煙者のほうが被害を受けることが多いので、喫煙をしている本人にもそれに気付いてもらうことが大切です。

 

美肌を維持するためだけでなく、いつまでも健康的な生活を送っていくためにも、家族の中に喫煙者がいるなら気を付けていったほうが良いでしょう。
目がしみる・喉の痛み・咳などの症状は、比較的早く出てきます。

 

 

おすすめ喫煙方法

 

肌のことを考えると、煙草を吸うことはあまり良いことではありません。
ですが、これまで頻繁に吸っていた煙草を突然止めようとすると、ストレスが溜まってしまうでしょう。

 

ストレスを溜め込むことも、あまり肌に良いことではないので、ストレスを溜め込まない程度に少しずつ吸う本数を減らしていけるように努力してみましょう。

 

すでに煙草による悪影響が肌に出てしまっている人でも、2週間禁煙することで肌の状態が回復されたという研究結果が出ています。
煙草を完全に止めることはできなくても、吸う頻度を減らせれば、少しずつ肌が綺麗な状態に戻っていく可能性があります。

 

まずは1日の本数を減らし、さらに1週間の本数を減らし、最終的には毎日吸わなくても我慢できる状態まで持っていけると良いですね。
禁煙は難しいと感じるかもしれませんが、このまま煙草を吸い続けていると、実年齢よりもどんどん老けた肌になっていってしまいます。

 

若いころは問題なくても、しわ・しみが気になり始めたころに、周りの人よりも自分の肌が汚いことに気付くときがくるでしょう。
年を取ってから後悔しないためにも、今からできる美肌ケアはしっかりと行っていきましょう。

 

禁煙・減煙を心掛けながら、肌の保湿ケアも並行して行うことをおすすめします。

 

ニキビに強力効果↓オールインワンコスメ・メルライン!