スキンケア時の摩擦が肌に与える影響

スキンケア時の摩擦が肌に与える影響

 

お肌が乾燥する原因として、スキンケア時の摩擦が挙げられます。
洗顔やクレンジング、またパックなどをおこなう際に、一生懸命スキンケアをしようとするあまり、つい力が入り過ぎてしまうこともあるでしょう。
すると、スキンケアをした時の摩擦で、お肌の角質層を傷つけてしまうのです。

 

スキンケアをする時は、しっかりと汚れを落とすことの他に、優しくケアをするということも心掛けましょう。
クレンジングや洗顔時は、手のひら全体を使ってごしごしと擦る必要はありません。
指の腹で優しくクルクルと撫で回すだけでも、汚れは十分に落とすことが出来ます。
重要なのは、軽い力でスキンケアをおこなうことです。

 

また、スキンケア後には、どのように水分を拭き取っているでしょうか?
水分を肌表面に残したままにしておくと、お肌の油分とともに蒸発し、乾燥肌になるという話を聞いたことがあります。
水分をお肌に残してはいけないと思い、固めのタオルでごしごしと拭き取ってはいませんか?
確かに、顔を濡れたままにしておくのはあまり良くないかもしれませんが、強く拭いては摩擦でお肌を傷つけてしまいます。
柔らかくて清潔なタオルをお肌に軽く押し付けるようにして、優しく水分を拭き取りましょう。

 

 

肌を摩擦しないスキンケア方法とは?

 

肌に摩擦を与えるもうひとつの原因は、化粧水や乳液など、スキンケア用品を何度も重ねて塗ることです。
お肌の角質層はとても繊細なので、実は指で軽く触れるだけでも、その摩擦で角質層が傷ついていると言います。
お肌に美容成分を与え、乳液などで保湿をして、お肌をキレイにするはずがいつの間にか摩擦で傷つけていたのですね。

 

しかし、洗顔後の化粧水や乳液の使用を止めてしまうわけにもいきません。
そんなときに便利なのが、「オールインワン」の化粧品です。
オールインワン化粧品は、化粧水・乳液・その他様々なスキンケア用品のはたらきが全てひとつになったものです。
これなら、これまでのスキンケアのように何度も重ねて塗る必要がありませんので、摩擦を起こす回数を減らすことが出来そうです。
オールインワンといえば、一度でケアが全て済んでしまうので、手軽で便利なイメージを持っている人が多かったと思います。
ですが、実はお肌への負担を減らすためにも、一役買っていたのですね。

 

また、その他に肌荒れが部分的に気になる場所があれば、オールインワンの他にそこだけケアするのも良いでしょう。
「メルライン」という美容ジェルは、口元のニキビを治すことに特化して作られているジェルですが、
オールインワンジェルとして顔全体に使用することも可能です。
このように、自分のケアしたい目的に合わせて、スキンケア用品を選ぶと良いでしょう。

 

ニキビに強力効果↓オールインワンコスメ・メルライン!