ワキガは手術で簡単に治る?実は再発の危険が!

独特の臭いを放つ特徴がある脇が、ずっと悩んでいる方にとっては最終的に手術を選ぶという場合もありますよね。

最近では美容外科でも頻繁に行われているので、気軽にワキガの手術を受けることは可能です。

手術をすることでとても簡単に臭いが消えるので、ワキガの方にとっては最終的な手段としているのではないでしょうか。

またワキガの手術ですが、手術と言っても局部麻酔で数時間あればできるためとても簡単です。

料金も比較的改善され昔に比べれば受けやすい価格となっているので、受けたいと考えている方もいるでしょう。

そんな簡単なワキガの手術、実は再発の可能性があるということはご存知でしょうか。

ワキガの手術では、アポクリン腺を除去する施術が行われるのですが、このアポクリン腺が取り残されてしまっている場合や、また作られてしまった場合には臭いが再発してしまいます。

ワキガの臭いが再発するまでの期間はそれぞれ個人差があるので、確実にいつとは言い切れません。

ですが手術後の再発の可能性はとても高いと言われているので、手術で確実にワキガが完治するとは言い切れません。

せっかく受けた手術なのに、再発してしまったらとても悲しくなってしまいますよね。

手術後はワキガの臭いも消えますが、これから手術を検討しているのなら再発のことも考えておいた方が良いでしょう。

ワキガの手術内容

 

ワキガは手術をすれば…と考えている方にとって、どんな手術内容なのかも気になりますよね。

では、ワキガの手術はどのような方法で行われるのでしょうか。

ワキガの手術を簡単に説明すると、皮膚の下にあるアポクリン腺を根こそぎとってしまうという方法になります。

もちろん皮膚の下にあるということなので、皮膚を切開してその下に隠れているアポクリン腺を探し取り除いて行きます。

切開の大きさなどは手術の方法によって変わり、目で確認しながら取り除く場合は比較的大きく切開されてしまいます。

目で確認せずに吸引してしまう方法の場合は、切開は数ミリ程度となりますが、目で見て取る方法よりも取り残しが多くなってしまう場合があり、再発の可能性が高いため最近ではあまり行われていないとのこと。

他にも超音波を利用して観戦のみを吸引するという方法もありますが、こちらも超音場による熱ダメージが大きいとのことであまり行われていないそうです。

ということで、ワキガの一般的な手術内容といえば切開してアポクリン腺を除去していくという方法になります。

ただ、やはり手術には変わりないので、ダウンタイムも長く痛みも強いので、ワキガの手術を受ける場合は、それなりに覚悟しておいた方が良いでしょう。

ワキガ手術はやるべき?それとも・・・

ここまでで、ワキガの手術を受けたいですか?と聞かれて、考え直す方も多いかもしれません。

ですが、それでもやっぱりワキガの臭いが一時的にでも消えるなら、受けたいと思う方もいるのではないでしょうか。

では、ワキガの手術は受けるべきなのかどうかについてですが、この判断は個人にお任せするしかないとしか言えません。

ただし、どちらがいいの?と聞かれれば、オススメはしないとアドバイスさせて頂くでしょう。

なぜなら、ワキガは手術でも再発する可能性は高く、受ける際に感染症などの高いリスクも負う場合があります。

ワキガの臭いは消えますが、傷跡が残ってしまいますし術後の痛みも強いと言われています。

特に手術を受けた方は、二度と受けたくないと言われるほど、手術中の状況がとても不快だったそうです。

簡単だと言われてもやはり手術は怖いですよね。

またこれらのリスクを負う可能性があるなら、もっと他の方法を選んだ方が良いのではないか、とも思います。

最近では、塗るだけでもワキガの臭いをブロックしたり、改善させたりするクリームなどもたくさん開発されています。

まずは一通り、その辺りの商品を試してから、それでもやっぱりダメだったという時に、手術を検討してみた方が良いですね。

ワキガも人生にとって重要な問題ですが、それでも手術も大きな問題なので簡単には決めないように、よく考えて受けるようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*