体臭

ワキガの人は他の体臭もきついのか?全てを解消できる方法は?

ワキガの臭いがする人のそばにいると、どこか体臭もきついような気がする…と感じた方もいるでしょう。

他にも、自分はワキガだけど体臭もきついかもしれないと感じている方もいるかもしれません。

では、ワキガだと体臭もきつくなってしまうのでしょうか。

ワキガと体臭に関して、因果関係というのは特にありません。

ただ、ワキガである場合、ワキガの原因となるアポクリン腺が体の各所に存在していれば、身体中から臭いを発してしまうので、体臭と取られてしまう可能性もあります。

また体臭がきつくなる原因があれば、ワキガと一緒に体臭もきつくなってしまうでしょう。

なぜワキガと体臭がきつくなるのか、それは普段の生活が原因かもしれません。

体臭がきつくなってしまう原因は、不摂生や不衛生など様々な原因があります。

特に食事に関しては気を付けておかないと、ダイレクトにきつい体臭となってしまう場合があります。

また体臭がきついということは、汗が臭うということになりますよね。

出てくる汗自体に原因があれば、アポクリン腺から出てくるワキガの原因となる汗もやはり臭いがきつくなってしまうでしょう。

このワキガと体臭を一緒に対処するならば、食生活などを見直して体内から臭いケアをする必要があります。

少しでも体の中のケアにも注意していくことで改善も期待できます。

体臭とワキガ、因果関係はありませんがそもそもの汗の臭いによって、両方ともきつくなってしまうので、まずは根本的な原因から解消できるようにしましょう。

気を付けたい食べ物

体臭やワキガの臭いがきつくなる原因として、食べ物が考えられる場合があります。

どのような食べ物がきつい臭いの原因となるのでしょうか。

まず一番気を付けてもらいたい食べ物として、脂っこい食べ物です。

脂質の多い食べ物は体内で酸化脂質へと変わり、臭いの原因となります。

また肉類の取りすぎも、分解される過程でアンモニアへと分解されるので、体臭の原因となりやすくなります。

チーズなどの乳製品なども注意したい食べ物ですね。

さらに、アルコールの摂取も体臭の原因となります。

肝臓でアルコールがアセトアルデヒドに分解された時、このアセトアルデヒドが臭いの原因となるのです。

他にも、刺激の強い食べ物として辛い物は発汗を促すので、体臭が出やすくなってしまいます。

ワキガも汗が原因となるので、辛い食べ物には注意したほうが良いでしょう。

飲むのが好きな方や焼肉揚げ物が大好きという方は、体臭やワキガには大敵です。

飲み会が多い方はできるだけサラダなどを取り入れて油物は控え、ビールなどのお酒も飲みすぎないようにしたいですね。

体臭やワキガの臭いがきつくなる原因には食べ物も大きく影響してしまうので、できるだけ食事内容に注意しておきたいところです。

食べ物なら翌日からでも改善できるので、野菜を意識して取り入れる、辛いものは控えるなど少しずつ工夫して臭い対策が取れるように心がけておきましょう。

サプリで体の中からケアが最強!

食べ物の内容を改善するだけでも、ワキガや大衆などのきつい匂いを緩和することは可能です。

ですがそれだけではあまり改善が見られなかったという方は、一緒にサプリメントで体の中からのケアも取り入れてみましょう。

実は体から発せられる臭いは、体内をケアするだけで十分消臭する事も可能なのです。

臭いというのは体の中で作られているので、その原因を根本からケアすることで緩和できるのです。

最近では体内から臭いケアできるサプリメントも開発され、講習から汗の臭いまで一気にケアすることができます。

飲むだけなので簡単ですし、これで少しでもケアができるなら嬉しいですよね。

食事改善もとても重要ですが、それと併用して体内ケアができるサプリメントも取り入れてみてはいかがでしょうか。

ワキガも体臭も体の内側から、新しいケア方法で対処してみるのも一つの方法です。

サプリメントの中には口コミで話題のデオラボが人気とのこと、ミント香りでとても爽やかになれると評判です。

こういったサプリメントを取り入れるだけでも、ワキガや体臭対策の大きな手助けとなってくれるでしょう。

まずは食事の改善から、そしてサプリメントも一緒に取り入れてしっかりと体の内側から臭い対策をして、すっきりとした毎日を過ごしましょう。

毛深い人は体臭もきついのは本当か?

ワキガの臭いは強烈ですので近くにいる人は勿論のこと、同じ空間にいる人やすれ違っただけの人も臭いを嗅いで嫌な気分になってしまいます。

また、ワキガは自分で気付かないことがよくありますので、知らず知らずのうちに臭いを出して不快にさせています。

こうしたワキガ体質の人には毛深い人が多くいるのをご存知でしょうか?

逆に言えば毛深い人はワキガ体質の可能性が高いということになります。

では、どうして毛深い人はワキガ体質の可能性が高いのでしょうか?

それは、ワキガの原因となるアポクリン腺と毛深い人ことが深く関わっているからです。

ワキガはワキの下にあるアポクリン腺から分泌される汗や雑菌などによって臭いを発生させています。

そのアポクリン腺から分泌される汗が体毛によって蓄積され、それが雑菌のエサになって分解されてしまい、臭いを発生させてしまいます。

臭いが体毛に絡まって蓄積されることで常に臭いが出続けることになりますので、いつまでも強烈な臭いを発生させます。

それと、アポクリン腺は毛穴の毛根部分にあり、毛根の活動が活発な人はアポクリン腺を刺激して汗を過剰に分泌させてしまい、その汗が体毛によって拡散しやすくなることもあります。

さらに、体毛が多いと菌の温床になりやすくなり、それによって菌が大量に繁殖して臭いのもととなります。

このようなことからも分かるように毛深い人はワキガ体質の可能性が高いので気を付けておかなければいけませんし、すでにワキガ体質になっている人は様々なことに悪影響を及ぼす可能性がありますので早く改善する必要があります。

原因は遺伝の他にもある?

ワキガの主な原因は遺伝とされていますが、この遺伝だけではなく他にも様々な原因があるのです。

その原因とは、生活習慣の乱れやストレス、ホルモンバランスの乱れや睡眠不足などです

生活習慣の乱れとは栄養バランスが偏った食事を続けていることや運動不足、喫煙や飲酒などです。

運動不足になると汗をかかなくなって老廃物が蓄積されて臭いの原因となりますし、運動以外で汗をかいたときに、溜まった老廃物が一緒に分泌されて臭ってしまいます。

ホルモンバランスの乱れによってホルモン量が増加しますと、そのホルモンがアポクリン腺を刺激して汗を過剰分泌させてしまいます。

ストレスと睡眠不足は続けることによって交感神経を過剰に働かせてしまい、それがアポクリン腺を刺激して汗を過剰分泌させるのです。

特に過度なストレスや溜めこみ過ぎはアドレナリンを過剰分泌させてアポクリン腺を刺激しやすくしますので注意が必要です。

過度の飲酒はアポクリン腺に刺激を与えて汗の量を増やしてしまいますし、急に臭いが強くなることもあります。

喫煙はタバコの臭い成分が血液に入って全身を巡り、汗と一緒に排出されることで臭いを強くさせます。

この他には脇毛によって蒸れが生じ、臭いのもととなる菌を繁殖させてしまうことも原因になります。

それと、コーヒーや紅茶などに含まれているカフェインは発汗作用があるためアポクリン腺を刺激して臭いを発生させることもあります。

このように遺伝の他にも様々な原因がありますので、ワキガにならないためにもこうした原因に気を付けながら生活していきましょう。

ワキガは便秘解消で軽減することも

便秘

便秘はワキガの臭いを強くさせてしまいます。

腸内に臭い物質の濃度が高くなると、それが肝臓へと運ばれて分解処理されますが、そこで分解さないくらいの臭い物質が便秘によって溜まり、再び腸へ運ばれてしまいます。

それが腸に吸収されて血液に入り、全身を巡ってワキから排出されて臭いを強くさせます。

だから、便秘を解消すればワキガが軽減されるということになります。

また、腸内にいる悪玉菌がタンパク質などを分解して臭い物質を作り出していますので、悪玉菌を増やして活性化させることも避けなければいけません。

そのためには善玉菌を増やして便秘も解消するのが良いですので、脂肪分やタンパク質の多い食生活はやめておきましょう。

特に肉類や乳製品、動物性たんぱく質や脂肪の摂取を控えておくと効果的になります。

男性のワキガケア

男性のワキガケアで良いとされているのはデオドラントスプレーやワキガ専門クリーム、ボディソープや食生活の改善などです。

特にワキガ専門クリームはしっかり臭いを抑えることができますし、食生活を改善して体の内側からケアするのと一緒に行えばより効果的となります。

食生活で気を付けることは発汗作用のある香辛料を使わない食事やニンニクなどの臭いの強いものを控え目にすること、それに肉類や乳製品を控え目にすることです。

また、栄養バランスがとれた食事や食物繊維を多く摂取することも大切です。

こうしたことからも分かるように体の内側と外側からのダブルケアが男性の効果的なワキガケアとなりますので、今現在、ワキガで悩んでいる男性は試してみてください。