臭いは誰にとっても嫌なものですし、気分を悪くすることもありますので避けたいものです。

体から出る臭いもあれば衣類から出る臭いもありますが、どちらも自分だけではなく周りにいる人も不快にさせてしまいます。

その嫌な臭いの一つに部屋干しによる生乾き臭があります。

梅雨などの雨が多い時期には外に干せませんので、生乾き臭が出ると分かっていても部屋干ししてしまいます。

この時に発生する生乾き臭は服を着た瞬間に気分が悪くなりますし、周りにいる人には体臭と間違えられることもあります。

本当は部屋干しによる生乾き臭なのに体臭と勘違いされるのは嬉しいことではありません。

生乾き臭がする服を着て子供が学校に行くとイジメの原因になってしまうことがありますし、大人は会社に行けば生乾き臭が原因で嫌われてしまうこともあります。

それに、仕事で色々な人に会う時は生乾き臭を体臭と間違えられて取引が失敗するなどの悪影響を及ぼす可能性だってあります。

こうしたことからも分かるように部屋干しによる生乾き臭は強烈な臭いを発生させますし、体臭と間違えられて何一つ良いことがありませんので、部屋干しするときは注意が必要です。

洗濯ものはなぜ臭うの?

毎日洗濯ものが出てしまいますので洗っているのですが、しっかり洗っても洗濯ものが臭ってしまうことはありませんか?

せっかく洗ったのに臭ってしまうとガッカリしますし、洗い直しすることになりますので面倒です。

また、部屋干しすると雑巾みたいな臭いが出てしまうこともあるでしょう。

では、洗濯ものが臭う原因は何でしょうか?

それは、モラクセラ菌が洗濯ものに付着しているからです。

このモラクセラ菌とは元々は成人の肺炎の原因菌として知られており、抵抗力が落ちているは肺炎を発症することがあります。

しかし、臭いは強烈ですが体に害を与えることはほとんどありませんので安心してください。

また、モラクセラ菌は直射日光や紫外線、乾燥などにも強いので外干しした場合でも残っていることもありますし、当たり前のことですが部屋干しでは乾くのが遅いのでモラクセラ菌が繁殖しやすくなります。

それと、外干しして乾かしたはずなのに後から生乾き臭が出てくることもあります。

これは戻り臭とされており、残っていたモラクセラ菌が汗や雨などの水分と皮脂などをエサにして繁殖し、強烈な臭いを発生させてしまうのです。

しっかり洗ってモラクセラ菌がいなくなれば良いのですが、中々洗いだけでは死滅することがありません。

では、モラクセラ菌を全て死滅させるにはどうしたら良いのでしょうか?

それは、しっかり洗ってからお湯で洗ったりアイロンをかけたりすのが効果的です。

モラクセラ菌は高熱に弱いので50℃~60℃くらいのお湯に15分くらい浸けておき、脱水後にアイロンをかけるのが良いでしょう。

このような原因で洗濯ものが臭ってしまいますが、解決できることですので面倒かもしれませんが諦めずに続けてみましょう。

しっかり洗えば生乾き臭はない!

新しく着る服は洗濯してありますので良い香りがしますし、気持ち良く着て過ごすことができます。

洗濯した服を着るだけで自分は清潔になったと思えますし、外出などで人に会っても堂々としていられます。

しかし、服が臭うと自分が気分悪くなるだけではなく、会う人も気分が悪くなりますし、もしかしたら嫌われてしまうこともあるでしょう。

とは言っても洗濯ものが臭わなければ良いだけなので洗濯を毎日しっかりしていれば問題ないと考えられます。

でも、洗濯したからといって全く臭わなくなるわけではありませんし、部屋干ししてしまえば臭いが発生しやすくなります。

では、洗濯したのに生乾きで臭ってしまうのはなぜでしょうか?

それは、しっかり洗えていないからです。

しっかり洗えていれば生乾き臭の原因となる菌を減らすことができます。

また、原因菌が減れば臭いは弱くなりますし、全て死滅させることも可能となります。

こうしたことからも分かるように、生乾きで臭うのはしっかり洗えていない証拠ですので、臭いで困っている人はこれまで以上にしっかり洗うように心がけてみましょう。

部屋干しでも臭わない方法はある

部屋干し

外干しできない雨の日や梅雨の時期には部屋干ししないと乾かせませんので厄介です。

コインランドリーなどに行くのも面倒ですし経済的とは言えませんので部屋干しする人は多くいるのではないでしょうか。

やむなく部屋干ししても洗濯ものが臭ってしまうので嫌なものです。

でも、工夫すれば部屋干ししても臭わなくなります。

その方法とは、まずしっかり洗濯して原因菌を減らし、洗濯したもの一つずつ少し離して干します。

洗濯もの同士がくっついていますと菌が繁殖しやすくなりますので、少し離して風通しを良くしてください。

また、原因菌が活発になったり繁殖しやすくなるのは湿度が高い環境ですので、エアコンの除湿で調整した部屋で干すと良いですし、換気扇が付いているお風呂で窓を開けた状態で干すと良いです。

それと50~60℃くらいのお湯に15分くらい浸けてから洗うのも効果的ですし、部屋干ししても臭わない洗剤や柔軟剤などを使用するのも良いでしょう。

そうした洗剤には殺菌成分が含まれていますので原因菌を死滅させることも可能ですし、皮脂や汚れなどもしっかり落とせれば完全に死滅させることができます。

部屋干しにおすすめ洗剤と柔軟剤

部屋干ししても洗濯ものが臭わなければ楽で良いですし、梅雨の時期や雨の日も気軽に干せるから有り難いものです。

そこで、部屋干ししても洗濯ものが臭わなくさせる良い方法があります。

その方法とは部屋干ししても臭わない洗剤を使用することです。

おすすめできる洗剤は「部屋干しトップ除菌EX」です。

この洗剤には汚れと菌に働くダブル分解酵素や消臭成分が配合されています。

部屋干しの嫌な臭いを抑えるだけではなく爽やかなシトラスフルーティーの香りが続きますのでどこに行っても安心です。

さらに、衣類に付着したウィルスも除菌できますので風邪やインフルエンザにも効果が期待できます。

おすすめの柔軟剤は「部屋干しソフラン」です。

抗菌成分やローズマリー抽出の消臭成分が含まれていますし、良い香りでフワフワに仕上がるからです。

気になる人は試してみてください。